見出し画像

宇宙飛行士選抜試験の正体 実はめちゃくちゃ大事なこと③ ~JAXAから出された次回選抜の方向性~

~JAXAから出された次回選抜の方向性~
2021年1月20日に、JAXAから『新たな宇宙飛行士候補者の募集・選抜・基礎訓練に関する情報提供依頼』と『宇宙飛行士候補者の募集・選抜・基礎訓練に関する意見募集』が出されました。そして、その中にはJAXA検討中とはしながらも、今年秋以降に予定している第6期宇宙飛行士選抜の応募条件についてのJAXAの考え、方向性が示されていました。これは個人的にもなかなかの衝撃でした。非常にオープンなプロセスになります。
今回はこれらJAXAが第6期宇宙飛行士選抜の準備を進めていく過程で出された情報を紐解き、新しい宇宙飛行士に求められる資質とは?そもそも応募条件どうなるの?という辺りを掘り下げていきます!

RFIとパブコメ、まずは全体像の把握

JAXAから新たな宇宙飛行士候補者の募集・選抜、基礎訓練に関する情報提供依頼/意見募集(RFI、パブコメ)が出されています。3/19までが受付期間中になります。

一体何が行われようとしているのでしょうか?
今後の宇宙飛行士、その選抜方法がどうなっていこうとしているのか、推測するためにもしっかりと見ておきましょう。まずは内容と流れの大掴みをしていきましょう。

RFIというのは、Request For Informationの略で、情報提供を依頼するものです。「宇宙飛行士選抜に使えるような人材評価・育成・アウトリーチ手法などのノウハウ・アイデアはありませんか?」と広く民間から情報を募ろうというわけです。

パブコメ(パブリックコメント)というのは、公的機関が何かを始めようというときに、広く一般に意見募集するときに使われるものです。

押さえておきたいポイントとしては、情報や意見は求めるものの、これらを取りまとめて大きな方針を決め宇宙飛行士選抜・養成を主体的に行っていくのはあくまでJAXAであるというところでしょうか。

ここで、JAXAから出されている選抜募集までの想定スケジュールをみてみましょう。

この続きをみるには

この続き: 5,482文字 / 画像3枚
記事を購入する

宇宙飛行士選抜試験の正体 実はめちゃくちゃ大事なこと③ ~JAXAから出された次回選抜の方向性~

Takashi UCHIYAMA/内山崇

1,250円

\(^o^)/スキありがとうございます!
5
2008(~9)年第5期JAXA宇宙飛行士選抜試験ファイナリスト。宇宙船「こうのとり」初号機よりフライトディレクタを務め、9機連続成功に導く。現在、新型宇宙船開発に携わる。趣味:バドミントン、ゴルフ、虫採り(カブクワ)。宇宙船よりコントロールの効かない2児を相手に、子育て奮闘中。