見出し画像

新成人、また若者のみなさまへ

新成人のみなさま、おめでとうございます!

ぼく自身、そういった節目節目で特に何かを、ということにあまり重きを置いてきませんでしたが、振り返ると“20歳”というのはこれまでの人生で最も大きな節目であったと思います。

大学生活に馴染んだ頃で、地元埼玉で出席した成人式では、ぼくは中学から私立に進学してしまっていたので、小学6年生以来という方も多い中、久しぶりの友達たちと緊張気味に接したのを覚えています。

この頃は、非常に狭い世界しか見えていなかった小中高時代から、少し広い世界に飛び出して色々な経験をするとても重要なときでした。

お酒を飲んで、人に迷惑をかけたり、かけられたり、
スポーツに打ち込んで、他大や社会人の選手に勝とうとがんばったり、
初めて海外に行った(全然英語が聞き取れず凹みまくった)のもこの頃でした。

どれも“あの時しかできなかった”失敗や後悔、そして楽しかった思い出です。
社会人になって、もう少し大学時代に勉強すれば良かったなどと思うこともしばしばですが、逆にあのときにしか経験できなかった、あのときだからできた無茶なことも多々あったなと振り返っています。
勉強はいくつになってもできますからね。

狭かった自分の世界を一所懸命広げようとしていました。
好奇心の塊で、行ったことないやったことないことにトライしたいと思っていたのもこの時期でした。(一度はやりたい!と思ったフルマラソンとスカイダイビングはまだできていません笑)

まさに広い海に航海に出ようとするこの大切な時期に、このCOVID-19の状況で、それが大きく制限されてしまう環境に置かれてしまうことを考えると、若い人たちは本当に辛いと思います。
“失われた○○”というのはよく悲観的に使われますが、この1年の喪失感には遠く及びません。自分に置き換えてみても、20歳前後の多感で大事な時期が失われたら、と考えるとやるせない気持ちになります。

ただ今は、人類が簡単には越えられない、コントロールすることができない状況に陥ってしまいました。人類全体に与えられた試練のときです。世界で初めてのことに人類が対峙し、立ち向かっています。
野口聡一飛行士がISSからツイートでエールが送られましたが、医療従事者でないぼくらができることは限られています。そして、ぼくらはだからといって立ち止まって我慢しているだけではなく、自分自身の未来が豊かになる努力というのも続けていかなければいけないと思います。これはぼくたちひとりひとりのチャレンジ(挑戦)です。

人は試練を乗り越えるごとに強くなります。
それは試練を乗り越えるために、考えたこと、行ったこと、そのプロセスすべてに意味があり、それらひとつひとつが将来使える武器となり、その人を成長させてくれるから強くなるのだと思います。必然です。
制約の大きい中で、自分にできることは何か、そんな中でも自分を成長させるためにできることはないか、この時期にどれだけ力を蓄えることができるか、人類の知恵が試されているときでもあると思います。

会って顔を合わせて話すことがどれだけ重要なことだったか。
ボディタッチのぬくもりがどれだけ大切だったか。
そんな中、オンラインでできる利便性にも気づけたこと。
人生をより豊かにする気づきが得られたという側面にも目を向けたいです。

明けない夜はありません。やまない雨もありません。
明けたときに蓄えた力を爆発できるよう、できることを見つけて、少しでも前に進みましょう。

ぼくが12年前に宇宙飛行士選抜試験を通じて経験した、夢への挑戦と挫折、そしてそこから得られたものを書いた本『宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶』が2020年12月に発売になりました。ぼくの経験をぼくの肩口から覗きながら追体験できるほどに、内面をすべてさらけ出して書いた本です。宇宙や宇宙飛行士に限った話にとどまりません。

将来やりたいことを見つけようとしている人、
夢を見つけて目指している人、
なかなか見つからない人、
見失ってしまった人、
夢破れてしまった人、
ふたたび探し始めた人、
みんなに届けたい。
ぼくの挑戦のものがたりへ、ようこそ!
(『宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶』「はじめに」より抜粋)

前を向くエネルギーを溜めたいとき、ぜひ手に取っていただきたいです。

最後が宣伝で本当に恐縮ですが、これからを背負っていく次の世代の若い方々に届けたいメッセージがたくさん詰まっている本です。このメッセージとともに、この本も届けられたらなと強く思っています。

\(^o^)/スキありがとうございます!
16
2008(~9)年第5期JAXA宇宙飛行士選抜試験ファイナリスト。宇宙船「こうのとり」初号機よりフライトディレクタを務め、9機連続成功に導く。現在、新型宇宙船開発に携わる。趣味:バドミントン、ゴルフ、虫採り(カブクワ)。宇宙船よりコントロールの効かない2児を相手に、子育て奮闘中。